© 仙台初心者ギターサークル All rights reserved.

Morning Glory作ってみました

Morning Glory

Morning Glory作ってみました

 

Morning Glory作ってみました

 

Morning Gloryは、私が個人的に大好きなJHSのエフェクターで、Marshall Bluesbreakerベースの非常に透明感のあるサウンドが評判とのことです。

前に楽器屋で試奏したときに心を奪われました。

しかもこれ、使うつまみのポイントがもうここしかないってようなエフェクターで、そこも好きなところかもしれません。

 

 

Morning Gloryの配線図

回路図見ると、たしかにBlues Breakerがベースであることが納得できますが・・・

JHSのなかでも特に攻めてる回路だと思います。

・・・機嫌悪いとノイズ(発信?)出ます。

 

オペアンプにLM833Nが使われてますが、私個人的に大好きなオペアンプで、ちょっとJHSっぽさが欲しいときに試すオペアンプです。
(いつでも無駄に5個くらいはストックしてます。)

製作にかかった金額は、基板代が¥2,400くらいとケースが¥1,200くらいとパーツ各種+送料&代引き手数料で合計¥7,000くらいだったと思います。
※余計なことを考えずに純粋に作るとおそらく¥6,000くらいだと思います。

Morning Gloryの基板はこちらで購入できます→Morning Gloryの自作基板

 

 

morningglory

 

使用したケースはHAMMONDの1590BS(60×112×42)です。

このMorning Gloryは2コほど作りましたが、ノイズ(発信?)に悩まされるならばC7を上げてみると効果があると思います。

ただ・・・C7をあまり上げすぎるとMorning Gloryの特徴でもあるキラキラ感がちょっと損なわれるのでほどほどにしといたほうがいいと思います。

もう、ノイズもMorning Gloryの味だと割り切ったほうがいいです。

どうしても気になるならBlues Breakerにしたほうがいいと思います。

 

SWでちょっと音が太く(ハイカット)なりますが、がっつり変えたいならC10の470pFを上げてみるといいです。
私が製作したやつは0.001μFくらいのフィルムコンデンサに変えちゃってます。

VOLポットは100KAですが、100KBのほうが使いやすいかもしれません。

 

 

ちなみに、ギターの神が持つ本家Morning Gloryと自作Morning Gloryを2コ重ねがけしてみたのですが・・・・すごかったです。

JHSの公式インスタグラムでCentaurと重ねがけしている動画が上がっていましたが、あれもまたいいですね。

 

 

うちのギターの神が持っているJHS MorningGlory(v4)との比較動画を撮ってみましたので参考にしてください。

 

関連記事

パソコンショップ移転

パソコンショップが引っ越しました

2019/06/24にギターサークル活動で利用していたパソコンショップが移転しました。 今後もかわらず新しい移転先での活動となります。…

20194/22

サイボウズLive終了のお知らせ

いままで連絡ツールとして利用してきたサイボウズLiveの無料使用期間が終了しましたので、 2019年4月より「Slack」へと切り替え…

活動記録について

毎回の活動内容を記録としてこのHPに掲載してきましたが、なかなか手間なので今後しばらくはインスタグラムへの掲載のみとさせていただきます。 …

仙台初心者ギターサークル(267〜272回目)

仙台初心者ギターサークル 267回目〜274回目までのまとめです。 活動内容は 自作エフェクター試奏会…

仙台初心者ギターサークル無料メンテ

【イベント告知】無料ギターメンテ&自作エフェクター試奏会

【GLIDEギター無料メンテ会のご案内】 前回もやりましたギターショップGLIDEさんが ギターサークルで無料のギターメンテを行ってくれ…

仙台初心者ギターサークル

仙台初心者ギターサークル(265&266回目)

265回目と266回目 まとめて2回分の活動記録です。 活動内容は ●自作エフェクターを色々試してみる…

自作エフェクターCharlieBrown

JHS Charlie Brown

JHS Charlie Brown作ってみました。 Marshall JTM45アンプのプレキシサウンドを再現…

自作エフェクターJHS AT

JHS AT

JHS AT作ってみました。 ATはAngry Charlieをメインに使っていたAndy…

ページ上部へ戻る