© 仙台初心者ギターサークル All rights reserved.

OKKO Diablo作ってみた

OKKO Diablo

OKKO Diablo作ってみました

 

OKKO Diablo作ってみた

 

ドイツ製の高評価のマーシャル系ペダルを再現。
ローからミディアムまで幅広いダイナミックレンジが特徴のオーバードライブペダルです。
使用する楽器の個性に忠実に、ピッキングにもいい反応をします。

様々なギター、機材、プレイスタイルを幅広く1台でカバーできる、器用で使い勝手のいいペダル

・・・・とのことです。

 

 

勝手なイメージで「激歪みディストーション」と思っていたのですが、

クランチからディストーションまで使えるマルチな歪みです。

つまみが多いだけあって多彩な音色で、これ1個で歪みは事足りる感じです。

 

 

 

 

OKKO Diabloの配線図

 

OKKO Diabloの配線図

オペアンプ3つくらい使ってんのかと思ってたんですが、オペアンプを使用していないディスクリート回路です。

Q1~Q5はJFETであればJ201にこだわる必要はないと思います。

※海外の自作マニアはJ113や2SK30Aなんかを使っているみたいです。

 

いつもながら電池は省略してしまっても問題ありません。

 

製作にかかった金額は、Diablo基板が¥2,300くらい、ケースが¥1,500くらいとあとはパーツ各種で合計¥10,000ちょっとだったと思います。
※電子部品にこだわりすぎたりしました。その気になれば¥8,000~9,000くらいにまで抑えられそうです。
※パーツの送料や代引き手数料が¥1,000~1,500くらいだった気がします。

OKKO Diabloの基板はこちらで購入できます→OKKO Diabloの自作基板

 

 

 

OKKO Diablo

 

配線が多くて・・・・・

いままで作ったエフェクターで一番配線の数は多いかもしれません。

 

つまみが多いので基板のトリムはセンターからいじってません。

 

ただ、FEEDやBODYやTONEの状態次第では

GAINを上げすぎると発信してましたのでGAINは250KAポットでもよかったかもしれません。

※ほぼ0~50%くらいしか使ってません。

 

古い真空管アンプの枯れた感じの音色から

図太いディストーションサウンドまで出せちゃってますので重宝しています。

 

 

製作したDiabloを試奏した動画を撮りましたので

↓こちらを参考にしてください。

 

 

もちろん作り方や部品で音は変わると思いますが

自作の参考になればなによりです。

関連記事

SoundAgain

Sound Again②【2017/04/22 CLUB HI-hat】

サークルメンバーのバンド「Sound Again」の 2017/04/22 CLUB HI-hatでのライブ動画です。 編成はヴ…

SoundAgain

Sound Again①【2017/04/22 CLUB HI-hat】

サークルメンバーのバンド「Sound Again」の 2017/04/22 CLUB HI-hatでのライブ動画です。 &nbs…

仙台初心者ギターサークル202回目

仙台初心者ギターサークル(202回目)

今回で202回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は初参加の方を2名加えた11名。 活動内容は ●ギターの…

Fuzzface

Fuzzface

Fuzzface作ってみました。 Fuzz Face はまだ歪みエフェクターがない1966…

仙台初心者ギターサークル201回目

仙台初心者ギターサークル(201回目)

今回で201回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は雨のせいか4名。 ここ最近では少ない人数での活動でした。 活動内容は ●…

deepbluedelay

Deep Blue Delay

Deep Blue Delay作ってみました。 Mad Professor / Deep Blue Delay…

仙台ギターの神のバンドFREIHEIT

FREIHEIT④【2017/05/07-仙台Hook】

仙台ギターの神のバンドFREIHEIT

FREIHEIT③【2017/05/07-仙台Hook】

ページ上部へ戻る