仙台初心者ギターサークルの自作エフェクター「Suhr Riot」

仙台初心者ギターサークル
お問い合わせ
  1. ホーム
  2. 自作エフェクター
  3. Suhr Riot

Suhr Riot作ってみました

仙台初心者ギターサークル自作エフェクターSuhrRiot

ミッドレンジの音の太さ、安定したドライブサウンドが人気のハイゲインディストーションです。

GAINを落としても味のあるオーバードライブとして十分に活躍するエフェクターです。

Suhr Riotの配線図

音色研究会自作エフェクターSuhrRiot

D5とD6の51Yというダイオードが曲者で、なかなか手に入りません。

歪みの切り替えに使っているSWもON-ON-ONというちょっと特殊なSWです。

R8とR9で歪みの調整ができます。SWを切り替えたときに差が大きいならこちらで調整するといいと思います。

C8とトーンポットがトーンに関わる回路部分です。
ハイを出したいとかローを強くしたいとかはこちらで微調整してみてください。

製作にかかった金額は、基板代が¥2,400くらいとケースが¥1,200くらいとパーツ各種+送料&代引き手数料で合計¥7,000~8,000くらいだったと思います。
※余計なことを考えずに純粋に作るとおそらく¥6,000~7,000くらいだと思います。

Riotの基板はこちらで購入できます→Riot自作基板



仙台初心者ギターサークル自作エフェクターSuhrRiot

使用したケースはHAMMONDの1590BS(60×112×42)ですが、
配線がとても多いので最初に作った1590S(82×111×44)の方が圧倒的に楽でした。

51Yダイオードは探してはみたものの、諦めて他のダイオードで代用しました。(1N914を代用しました)

コンデンサはWIMAとかのHiFi系がおすすめです。

うちで作った際には、
C6を100p→33pに変更
C8を0.022μF→0.01μFに変更
トーンポットを10KC→25KCに変更
オペアンプを4580D→5532Dに変更
などしましたが、オリジナルでも十分に満足のいくエフェクターです。

サークルメニュー

自作エフェクター

サークル動画

SNS

サークルメンバーのバンド

会員専用ページ

ギター用品通販

ギター用品の通販サイト「音色研究会」
自作エフェクター基板やストラップ、チューナーなどの格安販売

パソコンショップplaisir

パソコンのトラブルの方はこちらへ
パソコンに関することはなんでも解決!ITトータルサポートいたします。

スマホサポート仙台

スマートホンの修理店 iPhone/androidの画面割れ・水没・起動不良に対応。

ページのトップへ戻る