© 仙台初心者ギターサークル All rights reserved.

Fuzzface

Fuzzface

Fuzzface作ってみました。

 

Fuzzface

 

Fuzz Face はまだ歪みエフェクターがない1966年に登場。

割れるような・爆発を起こしたかのような強烈な歪みが特徴で、デビューしたばかりのジミ・ヘンドリックスやリッチー・ブラックモア、ジェフ・ベックなど歴史に名を残す偉大なギタリストがこぞって使用したペダルです。
ギター側のVOLUMEノブに繊細に反応するのが特徴で、Volを縛ればクリーン、20%くらいでクランチ、フルテンにすれば極悪な歪みとジミは使い分けていました。

 

だそうです。

 

Fuzzのクランチってかっこいいですよね。

 

 

 

Fuzzfaceの配線図

Fuzzfaceの配線図

一般的なFuzzface回路にPreを追加したMODヴァージョンの回路です。

 

このPreがあると扱いやすくなります。

 

こだわる方はトランジスタをゲルマニウムにしてみたりしてみてもいいのではないでしょうか。

※私個人的にはビンテージパーツを注文すると、不良率が高いので現行部品も同時に注文しておくことをおすすめします。

 

製作にかかった金額は、Fuzzface基板が¥2,000くらい、ケースが¥1,500くらいとあとはパーツ各種で合計¥6,000ちょっとだったと思います。
※ビンテージ電子部品にこだわりすぎたりしました。その気になれば¥4,000~4,500くらいにまで抑えられそうです。

 

部品が少ないので自作エフェクター初心者にもおすすめです。

 

Fuzzface

 

今回組んだFuzzfaceは全てをビンテージ部品にする予定で、

抵抗は音には定評のあるDale社のもの、

コンデンサはJupiter CondenserやSprague Atomなど

トランジスタはゲルマニウムを使用してみました。

 

コンデンサは多少はみ出しても基板が小さいので問題ありません。

(ケースに干渉しないようにだけ要注意)

 

トランジスタに不良があり音が出ませんでしたので、安定の2SC1815となりました。

 

抵抗値や静電容量を微妙に変えてみたり、トランジスタの種類を変えて試してみたら面白そうです。

関連記事

仙台初心者ギターサークル

仙台初心者ギターサークル(265&266回目)

265回目と266回目 まとめて2回分の活動記録です。 活動内容は ●自作エフェクターを色々試してみる…

自作エフェクターCharlieBrown

JHS Charlie Brown

JHS Charlie Brown作ってみました。 Marshall JTM45アンプのプレキシサウンドを再現…

自作エフェクターJHS AT

JHS AT

JHS AT作ってみました。 ATはAngry Charlieをメインに使っていたAndy…

仙台初心者ギターサークル(264回目)

今回で264回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は初参加のオーディオ大好きな60代くらいの方と、 近所の中学生を含めた10名。…

仙台初心者ギターサークル263回目

仙台初心者ギターサークル(263回目)

今回で263回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は4名。 活動内容は ●ギターの右手講座 ●ベ…

20188/13

仙台初心者ギターサークル(259〜262回目)

ここ最近忙しさのせいにして記録をサボっていましたが、ギターサークルは毎週変わらず活動しております。 すでに3週ほど…

仙台初心者ギターサークル257回目&258回目

仙台初心者ギターサークル(257回目&258回目)

仙台初心者ギターサークル257回目と258回目です。 前回同様2回分まとめて。   …

仙台初心者ギターサークル255回目&256回目

仙台初心者ギターサークル(255回目&256回目)

最近珍しくお仕事が忙しく サークル活動の記録をすっかり忘れていたので まとめて2回分の記録です。 活動…

ページ上部へ戻る