© 仙台初心者ギターサークル All rights reserved.

superbolt1

JHS SuperBolt

JHS Superbolt作ってみました

superbolt1

 

1960年代Suproアンプのトーンを再現した回路でヴィンテージアンプのサウンドをギターに吹き込みます。
レンジが広く、歪みからクリーンまでコントローラブルでレスポンスの高いエフェクターです。

・・・・と、説明されていました。

個人的にJHSエフェクターが大好物なのでたぶん好きだろうと思って作ってみました。

 

 

JHS Superboltの配線図

superbolt2

Suproアンプの回路を知りませんが、まぁなんともややこしい回路です。

VOL・GAIN・TONEと3つのポットがあるのに、内部にトリマーが3つあります。

トリマーでニュアンスを変えられそうですが、ちょっと間違うとノイズ出しそうな雰囲気してます。

Klon Centaurと同様にチャージポンプコンバータというICが入ってますが、
MAX1044が手に入らなければICL7660SCPAでいいと思います。
(むしろICL7660SCPAの方が耐圧高いので壊れにくいかも)

製作にかかった金額は、基板代が¥2,400くらいとケースが¥1,200くらいとパーツ各種+送料&代引き手数料で合計¥7,000くらいだったと思います。
※余計なことを考えずに純粋に作るとおそらく¥6,000くらいだと思います。

JHS Superboltの基板はこちらで購入できます→JHS Superboltの自作基板

 

 

superbolt3

 

使用したケースはHAMMONDの1590BS(60×112×42)です。
Suproアンプライクというからには暖色系コンデンサが合うのかな?

オペアンプが使用されておらずFETで増幅している回路ですので、素直にJ201と2N5457を使用しておいていいやつだと思います。

関連記事

SoundAgain

Sound Again②【2017/04/22 CLUB HI-hat】

サークルメンバーのバンド「Sound Again」の 2017/04/22 CLUB HI-hatでのライブ動画です。 編成はヴ…

SoundAgain

Sound Again①【2017/04/22 CLUB HI-hat】

サークルメンバーのバンド「Sound Again」の 2017/04/22 CLUB HI-hatでのライブ動画です。 &nbs…

仙台初心者ギターサークル202回目

仙台初心者ギターサークル(202回目)

今回で202回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は初参加の方を2名加えた11名。 活動内容は ●ギターの…

Fuzzface

Fuzzface

Fuzzface作ってみました。 Fuzz Face はまだ歪みエフェクターがない1966…

仙台初心者ギターサークル201回目

仙台初心者ギターサークル(201回目)

今回で201回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は雨のせいか4名。 ここ最近では少ない人数での活動でした。 活動内容は ●…

deepbluedelay

Deep Blue Delay

Deep Blue Delay作ってみました。 Mad Professor / Deep Blue Delay…

仙台ギターの神のバンドFREIHEIT

FREIHEIT④【2017/05/07-仙台Hook】

仙台ギターの神のバンドFREIHEIT

FREIHEIT③【2017/05/07-仙台Hook】

ページ上部へ戻る