© 仙台初心者ギターサークル All rights reserved.

deepbluedelay

Deep Blue Delay

Deep Blue Delay作ってみました。

deepbluedelay

 

Mad Professor / Deep Blue Delayはフィンランドにてハンドメイドで作られているプレミアムクオリティのディレイペダルです。

 

ディープブルーディレイは非常にナチュラルなサウンドをもつデジタル/アナログディレイです。このディープブルーディレイはクラシカルなテープエコーユニットと同域のデプスを持ち、さらにアンプの前に、またアンプのLOOPにも 使えるように最適化されています。
このディレイはノイズリダクションは搭載されておりません。これにより非常にナチュラルなディレイサウンドを表現することに成功しました。 ドライのサウンドは限りなく短い回路で設計されており、なにひとつつフィルタリングされておりません。 すべてのつまみを前回にしても音が歪むことなく非常に美しいディレイサウンドが出せるのが特徴です。

 

だそうです。

 

まぁ、

アナログライクなデジタルディレイです。

 

 

 

Deep Blue Delayの配線図

DeepBlueDelayの配線図

この回路は元のDeep Blue DelayにMIXが追加されたMODバージョンです。

 

PT2399というエコーICが使われております。

PT2399で検索するとディレイICとも出てきますね。

 

ディレイもコーラスも同じPT2399で作れます。
製作にかかった金額は、Deep Blue Delay基板が¥2,000くらい、ケースが¥1,500くらいとあとはパーツ各種で合計¥10,000ちょっとだったと思います。
※電子部品にこだわりすぎたりしました。その気になれば¥8,000~9,000くらいにまで抑えられそうです。

 

 

 

 

使用したケースはHAMMONDの1590S(82×111×44)です。

基板が大きいので大きさはそれなりのケースが望ましいと思います。

 

使ってみた感想は、非常に使いやすいディレイです。

普段あまり空間系を使わないので、デジタルよりもつまみを回して調整できるところが個人的には好きです。

 

 

海外フォーラムなんか見てると、C1の0.022μFを0.047μFに変更するMODなんかも出ていますが、今回はすでにMIXが追加MODされているのでこのまま使用しています。

 

 

 

関連記事

仙台初心者ギターサークル206回目

仙台初心者ギターサークル(206回目)

今回で206回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は初参加の方を3名加えた12名。 活動…

仙台初心者ギターサークル205回目

仙台初心者ギターサークル(205回目)

今回で205回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は6名。 活動内容は ●初心者カ…

仙台初心者ギターサークル204回目

仙台初心者ギターサークル(204回目)

今回で204回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は初参加の神バンドのボーカルを加えた9名。 …

仙台初心者ギターサークル203回目

仙台初心者ギターサークル(203回目)

今回で203回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は8名。 活動内容は ● ブルースセッションしてみる…

SoundAgain

Sound Again②【2017/04/22 CLUB HI-hat】

サークルメンバーのバンド「Sound Again」の 2017/04/22 CLUB HI-hatでのライブ動画です。 編成はヴ…

SoundAgain

Sound Again①【2017/04/22 CLUB HI-hat】

サークルメンバーのバンド「Sound Again」の 2017/04/22 CLUB HI-hatでのライブ動画です。 &nbs…

仙台初心者ギターサークル202回目

仙台初心者ギターサークル(202回目)

今回で202回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は初参加の方を2名加えた11名。 活動内容は ●ギターの…

Fuzzface

Fuzzface

Fuzzface作ってみました。 Fuzz Face はまだ歪みエフェクターがない1966…

ページ上部へ戻る