© 仙台初心者ギターサークル All rights reserved.

BlueNote Overdrive作ってみました

BlueNote Overdrive

BlueNote Overdrive作ってみました

 

BlueNote Overdrive作ってみました

 

J.RADのBlue Note Overdriveは、TS系の太くてウォームなサウンドをベースにしつつも、やや高めのゲインなど独自の仕様を加えたペダルです。

ゲインアップするHOTスイッチ、低音域を足していくFATコントロールによって、ブルージーなクリーンサウンドからハードなトーンまで幅広くサウンドを作ることができます。

ホットスイッチがオンの状態のとき、ギター本体のボリュームを絞る事で良質なクリーントーンが得られます。

・・・との事です。

Youtubeで試奏動画みたときに、すごく気になったエフェクターでした。

まぁ、Youtubeで試奏している外人の方はうますぎて、なに弾いてもよく聞こえますけどね。。。

 

 

BlueNote Overdriveの配線図

 

BlueNoteOverdrive

Youtubeの試奏動画をみて、あまり歪まないやつかな?と思ったのですが、意外とよく見るオーバードライブ回路でした。

クリッピングに1N4007と1N914を使っているところがこだわりなのでしょうね。

オペアンプはおなじみの4558Dですので、交換してみたくなります。

製作にかかった金額は、基板代が¥2,400くらいとケースが¥1,200くらいとパーツ各種+送料&代引き手数料で合計¥7,000くらいだったと思います。
※余計なことを考えずに純粋に作るとおそらく¥6,000くらいだと思います。

BlueNote Overdriveの基板はこちらで購入できます→BlueNote Overdriveの自作基板

 

 

bluenoteOD

 

使用したケースはHAMMONDの1590BS(60×112×42)です。
ミニSW付きだったので、SWを切り替えるとLEDの色が変わるようにしてみました。

・・・音にはまったく関係ありません。

オペアンプは4558Dを素直に使ってもいい感じでしたが、
ビンテージな4558なんかとの相性は抜群でした。

それ以外は変えなくても好みだったので、特にいじってはいません。

FATのつまみでだいぶ音が変わりますので、普段だとToneとFATを強めにかけて、ギター側のトーンで調整して弾いたりしてます。

 

試作品の試奏動画を撮りました。

参考にしてください。

 

 

関連記事

パソコンショップ移転

パソコンショップが引っ越しました

2019/06/24にギターサークル活動で利用していたパソコンショップが移転しました。 今後もかわらず新しい移転先での活動となります。…

20194/22

サイボウズLive終了のお知らせ

いままで連絡ツールとして利用してきたサイボウズLiveの無料使用期間が終了しましたので、 2019年4月より「Slack」へと切り替え…

活動記録について

毎回の活動内容を記録としてこのHPに掲載してきましたが、なかなか手間なので今後しばらくはインスタグラムへの掲載のみとさせていただきます。 …

仙台初心者ギターサークル(267〜272回目)

仙台初心者ギターサークル 267回目〜274回目までのまとめです。 活動内容は 自作エフェクター試奏会…

仙台初心者ギターサークル無料メンテ

【イベント告知】無料ギターメンテ&自作エフェクター試奏会

【GLIDEギター無料メンテ会のご案内】 前回もやりましたギターショップGLIDEさんが ギターサークルで無料のギターメンテを行ってくれ…

仙台初心者ギターサークル

仙台初心者ギターサークル(265&266回目)

265回目と266回目 まとめて2回分の活動記録です。 活動内容は ●自作エフェクターを色々試してみる…

自作エフェクターCharlieBrown

JHS Charlie Brown

JHS Charlie Brown作ってみました。 Marshall JTM45アンプのプレキシサウンドを再現…

自作エフェクターJHS AT

JHS AT

JHS AT作ってみました。 ATはAngry Charlieをメインに使っていたAndy…

ページ上部へ戻る