© 仙台初心者ギターサークル All rights reserved.

BlueNote Overdrive作ってみました

BlueNote Overdrive

BlueNote Overdrive作ってみました

 

BlueNote Overdrive作ってみました

 

J.RADのBlue Note Overdriveは、TS系の太くてウォームなサウンドをベースにしつつも、やや高めのゲインなど独自の仕様を加えたペダルです。

ゲインアップするHOTスイッチ、低音域を足していくFATコントロールによって、ブルージーなクリーンサウンドからハードなトーンまで幅広くサウンドを作ることができます。

ホットスイッチがオンの状態のとき、ギター本体のボリュームを絞る事で良質なクリーントーンが得られます。

・・・との事です。

Youtubeで試奏動画みたときに、すごく気になったエフェクターでした。

まぁ、Youtubeで試奏している外人の方はうますぎて、なに弾いてもよく聞こえますけどね。。。

 

 

BlueNote Overdriveの配線図

 

BlueNote Overdriveの配線図

Youtubeの試奏動画をみて、あまり歪まないやつかな?と思ったのですが、意外とよく見るオーバードライブ回路でした。

クリッピングに1N4007と1N914を使っているところがこだわりなのでしょうね。

オペアンプはおなじみの4558Dですので、交換してみたくなります。

製作にかかった金額は、基板代が¥2,400くらいとケースが¥1,200くらいとパーツ各種+送料&代引き手数料で合計¥7,000くらいだったと思います。
※余計なことを考えずに純粋に作るとおそらく¥6,000くらいだと思います。

BlueNote Overdriveの基板はこちらで購入できます→BlueNote Overdriveの自作基板

 

 

bluenoteOD

 

使用したケースはHAMMONDの1590BS(60×112×42)です。
ミニSW付きだったので、SWを切り替えるとLEDの色が変わるようにしてみました。

・・・音にはまったく関係ありません。

オペアンプは4558Dを素直に使ってもいい感じでしたが、
ビンテージな4558なんかとの相性は抜群でした。

それ以外は変えなくても好みだったので、特にいじってはいません。

FATのつまみでだいぶ音が変わりますので、普段だとToneとFATを強めにかけて、ギター側のトーンで調整して弾いたりしてます。

関連記事

SoundAgain

Sound Again②【2017/04/22 CLUB HI-hat】

サークルメンバーのバンド「Sound Again」の 2017/04/22 CLUB HI-hatでのライブ動画です。 編成はヴ…

SoundAgain

Sound Again①【2017/04/22 CLUB HI-hat】

サークルメンバーのバンド「Sound Again」の 2017/04/22 CLUB HI-hatでのライブ動画です。 &nbs…

仙台初心者ギターサークル202回目

仙台初心者ギターサークル(202回目)

今回で202回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は初参加の方を2名加えた11名。 活動内容は ●ギターの…

Fuzzface

Fuzzface

Fuzzface作ってみました。 Fuzz Face はまだ歪みエフェクターがない1966…

仙台初心者ギターサークル201回目

仙台初心者ギターサークル(201回目)

今回で201回目の仙台初心者ギターサークル 参加者は雨のせいか4名。 ここ最近では少ない人数での活動でした。 活動内容は ●…

deepbluedelay

Deep Blue Delay

Deep Blue Delay作ってみました。 Mad Professor / Deep Blue Delay…

仙台ギターの神のバンドFREIHEIT

FREIHEIT④【2017/05/07-仙台Hook】

仙台ギターの神のバンドFREIHEIT

FREIHEIT③【2017/05/07-仙台Hook】

ページ上部へ戻る